l'entracte ~ chamber & pf ver. フランス語メモ
love solfege 『Sanctus』より

乙女ゲーム『レンドフルール』の挿入歌とか。
『Sanctus』収録曲の方は、室内楽&ピアノヴァージョン。
ゲーム本編とサントラではアカペラ・ヴァージョンが聴けるらしい。

歌手は綾野えいりさん。

この歌は普通に歌詞カードに訳が書いてあるんだけど、
たぶん翻訳の都合上ちょっと元の日本語詞と違うところがある。

※動詞の法は、特に断りがない限り直説法です。

l'entracte(ラントラクト)・・「間奏曲」。頭語が母音またはhの単数名詞につく定冠詞l'+男性名詞entracteアントラクト(幕間、間奏曲)の単数形。

『間奏曲』

au(オ)・・「~に」。縮約冠詞。前置詞à+男性名詞単数形につく定冠詞leの縮約。àはピンポイントで場所を指すイメージ。
commencement(コマンスマン)・・「始まり、初め」。男性名詞単数形。
il y avait(イリヤヴェ)・・「~があったものだ」。非人称動詞。非人称主語代名詞ilイル+(副詞的)代名詞y(そこに)+英語のhaveっぽい他動詞avoirアヴォワールの三人称単数半過去形。
beaucoup(ボクー)・・副詞。"beaucoup de 無冠詞名詞"で「多くの~、たくさんの~」。
d'eau(ドー)・・前置詞deドゥ+女性名詞eau(水)の単数形。

『初めに 多くの水があった』

attiré(アティレ)・・「魅せられた」。他動詞attirerアティレ(~を引きつける、~を魅了する)の過去分詞。男性単数形。
par(パル)・・「~によって」。前置詞。
le(ル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
magnifique(マニフィック)・・「すばらしい、見事な」。形容詞単数形。
monde(モーンド)・・「世界」。男性名詞単数形。
bleu(ブルー)・・「青い」。形容詞男性単数形。

dieu(ディユー)・・「神」。男性名詞単数形。
fit(フィ)・・英語のmakeやdoっぽい自他動詞faireフェールの三人称単数単純過去形。ここでは後ろに不定詞を伴って「~させる」。
tomber(トンベ)・・自動詞の不定詞。「倒れる、転ぶ、落ちる、降る」を意味する。"dieu fit tomber"で「神は落ちさせた」。
les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
graines(グレンヌ)・・「種(複)」。女性名詞graineグレンヌ(種、種子)の複数形。
de(ドゥ)・・「~の」。前置詞。
la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
vie(ヴィ)・・「生命、命」。女性名詞単数形。
par(パル)・・「~ゆえに」。前置詞。
fantaisie(ファンテズィ)・・「気まぐれ、思いつき」。女性名詞単数形。

『すばらしい“青の世界”に魅せられた神は 気まぐれに“命の種”を落とした』

ayant(エイヤン)・・英語のhaveっぽい助動詞avoirアヴォワールの現在分詞。ここでは過去分詞と共に複合形を作っている。
reçu(ルスュ)・・他動詞recevoirルスヴォワール(~を受け取る、もらう)の過去分詞。"ayant reçu"で「受け取ったので」。
l'amour(ラムール)・・「愛」。頭語が母音またはhの単数名詞につく定冠詞l'+男性名詞amourアムール(愛)の単数形。
des(デ)・・縮約冠詞。前置詞deドゥ+名詞の複数形につく定冠詞lesの縮約。
dieux(ディユー)・・「神々」。男性名詞dieuディユー(神)の複数形。

prospérèrent(プロスペレーラン)(プロスペレール)・・「(それらは)繁栄した」。自動詞prospérerプロスペレ(繁栄する、栄える、繁殖する)の三人称複数単純過去形。
 ※現代フランス語では、三人称複数形の活用語尾-entは読まない。この曲では全部発音してるように聴こえる。古風な感じを出してるのかもしれない。
 ・les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
 ・hommes(オム)・・「人々」。男性名詞hommeオム(人間、人類、男)の複数形。
les hommes(レゾム)》
issus(イスュ)・・ 形容詞issuイスュ(出身の、生まれの)の男性複数形。
de(ドゥ)・・前置詞。"hommes issus de~"で「~から生まれた人々」。
ces(セ)・・「この、その、あの」。指示形容詞。複数形。
graines(グレンヌ)・・「種(複)」。女性名詞graineグレンヌ(種、種子)の複数形。
de(ドゥ)・・「~の」。前置詞。
la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
vie(ヴィ)・・「生命、命」。女性名詞単数形。

『神々の愛を受けて この“命の種”から生まれた人々は繁栄した』

est-ce(エス)・・「それは~であるか?」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数現在形est+指示代名詞ce(これ、それ、あれ)。
une(ユヌ)・・女性名詞(単数形)につく不定冠詞。
bonne(ボンヌ)・・「良い」。形容詞bonボン(良い、優れた、善良な)の女性単数形。
chose(ショーズ)・・「もの、こと」。女性名詞単数形。

『良いものだろうか?』

est-ce(エス)・・「それは~であるか?」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数現在形est+指示代名詞ce(これ、それ、あれ)。
une(ユヌ)・・女性名詞単数形につく不定冠詞。
mauvaise(ムヴェーズ)・・「悪い」。形容詞mauvaisムヴェ(悪い、粗悪な、劣った)の女性単数形。人により?発音が[mo.vɛ](ムヴェ)だったり[mɔ.vɛ](モヴェ)だったりする。
chose(ショーズ)・・「もの、こと」。女性名詞単数形。

『悪いものだろうか?』

pourtant(プルタン)・・「それでも、しかし、それにもかかわらず」。副詞。
l'amour(ラムール)・・「愛」。頭語が母音またはhの単数名詞につく定冠詞l'+男性名詞amourアムール(愛)の単数形。
des(デ)・・縮約冠詞。前置詞deドゥ+名詞の複数形につく定冠詞lesの縮約。
dieux(ディユー)・・「神々」。男性名詞dieuディユー(神)の複数形。
était(エテ)・・「(それは)~であったものだ」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数半過去形。
une(ユヌ)・・女性名詞単数形につく不定冠詞。
grande(グラーンド)・・「非常に」。形容詞grandグラン(大きい、高い、広い、重要な、非常な、偉大な)の女性単数形。
toquade(トキャド)・・「一時的な熱中、気まぐれ」。女性名詞単数形。

『しかし 神々の愛は大層気まぐれだった』

pour(プール)・・「~のために」。前置詞。
l'amour(ラムール)・・「愛」。頭語が母音またはhの単数名詞につく定冠詞l'+男性名詞amourアムール(愛)の単数形。
des(デ)・・縮約冠詞。前置詞deドゥ+名詞の複数形につく定冠詞lesの縮約。
dieux(ディユー)・・「神々」。男性名詞dieuディユー(神)の複数形。
 ・les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
 ・hommes(オム)・・「人々」。男性名詞hommeオム(人間、人類、男)の複数形。
les hommes(レゾム)》
furent(フューラン)(フュール)・・英語のbe動詞に当たる助動詞êtreエートルの三人称複数単純過去形。ここでは過去分詞と共に受動態を作っている。
bousculés(ブスキュレ)・・他動詞bousculerブスキュレ(突き飛ばす、急き立てる、ひっくり返す)の過去分詞。男性複数形。「(彼らは)急き立てられた」。

『神々の愛によって 人々は掻き乱された』

et(エ)・・「そして」。接続詞。
puis(ピュイ)・・「次に、それから」。副詞。
naquirent(ナキーラン)(ナキール)・・「(それらは)生じた」。自動詞naîtreネートル(生まれる、生じる)の三人称複数単純過去形。
dans(ダン)・・「~に」。"in, into"。前置詞。
le(ル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
monde(モーンド)・・「世界」。男性名詞単数形。
des(デ)・・名詞の複数形につく不定冠詞。
conflits(コンフリ)・・「紛争(複)」。男性名詞conflitコンフリ(紛争、衝突、対立)の複数形。
maussades(モサード)・・「陰鬱な」。形容詞maussadeモサード(不愛想な、不機嫌な、陰鬱な)の単数形。

『それから 世界に陰惨な争いが生まれた』

les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
dieux(ディユー)・・「神々」。男性名詞dieuディユー(神)の複数形。
soupirèrent(スピレーラン)(スピレール)・・「(それらは)ため息を吐いた」。自他動詞soupirerスピレ(ため息を吐く、熱望する、~をため息混じりに言う)の三人称複数単純過去形。

『神々は溜め息を吐いた』

est-ce(エス)・・「それは~であるか?」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数現在形est+指示代名詞ce(これ、それ、あれ)。
une(ユヌ)・・女性名詞単数形につく不定冠詞。
bonne(ボンヌ)・・「良い」。形容詞bonボン(良い、優れた、善良な)の女性単数形。
chose(ショーズ)・・「もの、こと」。女性名詞単数形。

『良いものだろうか?』

est-ce(エス)・・「それは~であるか?」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数現在形est+指示代名詞ce(これ、それ、あれ)。
une(ユヌ)・・女性名詞単数形につく不定冠詞。
mauvaise(ムヴェーズ)・・「悪い」。形容詞mauvaisムヴェ(悪い、粗悪な、劣った)の女性単数形。
chose(ショーズ)・・「もの、こと」。女性名詞単数形。

『悪いものだろうか?』

les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
dieux(ディユー)・・「神々」。男性名詞dieuディユー(神)の複数形。
perdirent(ペルディーラン)(ペルディール)・・「(それらは)なくした」。他動詞perdreペルドレ(失う、~を見失う、無駄にする、敗れる)の三人称複数単純過去形。
 ・leur(ルル)・・「彼ら(彼女ら)の」。三人称複数の所有形容詞。単数形。
 ・intérêt(インテレ)・・「興味、関心、好意」。男性名詞単数形。教科書的には[ɛ̃-te-rɛ]なので(アンテレ)の方が近い。
leur intérêt(ルリンテレ)》
pour(プール)・・「~への」。前置詞。
le(ル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
monde(モーンド)・・「世界」。男性名詞単数形。

『神々は世界に興味を失った』

les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
dieux(ディユー)・・「神々」。男性名詞dieuディユー(神)の複数形。
s'en allèrent(サンナレーラン)(サンナレール)・・「(それらは)立ち去った」。自動詞allerアレ(行く)の代名動詞形s'en allerサンナレ(立ち去る、消え去る)の三人称複数単純過去形。三人称の再帰代名詞se(それ自身を)+中性代名詞enアン(そこから)+allèrentアレール

『神々は立ち去った』

※2:43~2:49辺りの歌詞が分からない。適当に埋めてみたけど、正直あんまりこう聴こえない。ともあれこれぐらいの長さのセンテンスが歌詞カードにない。

le(ル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
monde(モーンド)・・「世界」。男性名詞単数形。
fut(フュー)・・英語のbe動詞に当たる助動詞êtreエートルの三人称単数単純過去形。ここでは他動詞の過去分詞と共に受動態を作っている。
dévasté(デヴァステ)・・他動詞dévasterデヴァステ(~を荒廃させる、~に大損害を与える)の過去分詞。男性単数形。"fut dévasté"で「(彼は)大損害を受けた」。

『世界は荒廃した』

cependant(スパンダン)・・「しかしながら、~にもかかわらず」。副詞。
une(ユヌ)・・「ある、ひとつの、ひとりの」。女性名詞単数形につく不定冠詞。
déesse(デエス)・・「女神」。女性名詞単数形。
versant(ヴェルサン)・・自他動詞verserヴェルセ(~を注ぐ、~を支払う、~を零す、~を倒す、横転する)の現在分詞。ここでは形容詞的用法。
des(デ)・・名詞の複数形につく不定冠詞。
larmes(ラルム)・・女性名詞larmeラルム(涙)の複数形。"versant des larmes"で「涙を流している」。
était(エテ)・・英語のbe動詞に当たる助動詞êtreエートルの三人称単数半過去形。ここでは過去分詞と共に大過去時制を作っている。
restée(レステ)・・自動詞resterレステ(留まる、~のままでいる、残っている)の過去分詞。女性単数形。"était restée"で「(彼女が)残っていた」。"Le monde fut dévasté"よりも以前に起こったことを表している。

『けれど 涙を流す一人の女神が留まっていた』

est-ce(エス)・・「それは~であるか?」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数現在形est+指示代名詞ce(これ、それ、あれ)。
une(ユヌ)・・女性名詞単数形につく不定冠詞。
bonne(ボンヌ)・・「良い」。形容詞bonボン(良い、優れた、善良な)の女性単数形。
chose(ショーズ)・・「もの、こと」。女性名詞単数形。

『良いものだろうか?』

est-ce(エス)・・「それは~であるか?」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数現在形est+指示代名詞ce(これ、それ、あれ)。
une(ユヌ)・・女性名詞単数形につく不定冠詞。
mauvaise(ムヴェーズ)・・「悪い」。形容詞mauvaisムヴェ(悪い、粗悪な、劣った)の女性単数形。
chose(ショーズ)・・「もの、こと」。女性名詞単数形。

『悪いものだろうか?』

les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
larmes(ラルム)・・女性名詞larmeラルム(涙)の複数形。
de(ドゥ)・・「~の」。前置詞。
cette(セット)・・「この、その、あの」。指示形容詞。女性単数形。
déesse(デエス)・・「女神」。女性名詞単数形。
devinrent(ドゥヴァンラン)(ドゥヴァンル)・・「(それらは)~になった」。自動詞devenirドゥヴニール(~になる)の三人称複数単純過去形。
une(ユヌ)・・女性名詞単数形につく不定冠詞。
bénédiction(ベネディクスィヨン)・・「祝福、天恵」。女性名詞単数形。

『この女神の涙は天恵となった』

le(ル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
monde(モーンド)・・「世界」。男性名詞単数形。
retrouva(ルトルヴァ)・・「(それは)~を取り戻した」。他動詞retrouverルトルヴェ{(なくしたものを)見つける、~に再び出会う、~を思い出す、~を取り戻す}の三人称単数単純過去形。
la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
prospérité(プロスペリテ)・・「繁栄、隆盛、繁盛、盛運」。女性名詞単数形。

 ・les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
 ・hommes(オム)・・「人々」。男性名詞hommeオム(人間、人類、男)の複数形。
les hommes(レゾム)》
 ・eurent(ユール)・・英語のhaveっぽい助動詞avoirアヴォワールの三人称複数単純過去形。ここでは過去分詞étéと共に前過去を作っている。
 ・été(エテ)・・英語のbe動詞に当たる助動詞êtreエートルの過去分詞。ここでは過去分詞soudoyésと共に受動態を作っている。
eurent été(ユールテテ)》
soudoyés(スドワイエ)・・他動詞soudoyerスドワイエ(~を金で雇う、買収する)の過去分詞。男性複数形。"eurent été soudoyés"で「(彼らが)買収されるや否や」。"Le monde retrouva la prospérité"の直前に終わったことを表している。

『人々が恵みに溺れるなり 世界は繁栄を取り戻した』

la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
grâce(グラース)・・「優雅、恩恵」。女性名詞単数形。
de(ドゥ)・・「~の」。前置詞。
la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
déesse(デエス)・・「女神」。女性名詞単数形。
fut(フュー)・・「(それは)~だった」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数単純過去形。
trop(トロ)・・「あまりに、過度に、~過ぎる、非常に」。副詞。
grande(グラーンド)・・「大きい」。形容詞grandグラン(大きい、高い、広い、重要な、非常な、偉大な)の女性単数形。

『女神の恩恵は大き過ぎた』

est-ce(エス)・・「それは~であるか?」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数現在形est+指示代名詞ce(これ、それ、あれ)。
une(ユヌ)・・女性名詞単数形につく不定冠詞。
bonne(ボンヌ)・・「良い」。形容詞bonボン(良い、優れた、善良な)の女性単数形。
chose(ショーズ)・・「もの、こと」。女性名詞単数形。

『良いものだろうか?』

est-ce(エス)・・「それは~であるか?」。英語のbe動詞に当たる自動詞êtreエートルの三人称単数現在形est+指示代名詞ce(これ、それ、あれ)。
une(ユヌ)・・女性名詞単数形につく不定冠詞。
mauvaise(ムヴェーズ)・・「悪い」。形容詞mauvaisムヴェ(悪い、粗悪な、劣った)の女性単数形。
chose(ショーズ)・・「もの、こと」。女性名詞単数形。

『悪いものだろうか?』

la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
déesse(デエス)・・「女神」。女性名詞単数形。
a(ア)・・英語のhaveっぽい助動詞avoirアヴォワールの三人称単数現在形。ここでは過去分詞と共に複合過去を作っている。
décerné(デセルネ)・・他動詞décernerデセルネ(授与する、~を発する)の過去分詞。"a décerné"で「(それは)授与した」。ずっと客観的な単純過去で語ってきて、ここで臨場的な複合過去になるのは、「この時与えられた罪が今まで残っている」ニュアンスかもしれない。
un(アン)・・男性名詞単数形につく不定冠詞。
péché(ペシェ)・・「(宗教上の)罪、過ち」。男性名詞単数形。

『女神は罪を授けた』

la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
déesse(デエス)・・「女神」。女性名詞単数形。
contracta(コントラクタ)・・「(それは)縮めた」。他動詞contracterコントラクテ(収縮させる、引きつらせる、こわばらせる)の三人称単数単純過去形。
 ・les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
 ・excès(エクセ)・・「過度、行き過ぎ、不摂生、超過分」。無変化の男性名詞。
les excès(レゼクセ)》
de(ドゥ)・・「~の」。前置詞。
faveurs(ファヴール)・・「人気」。女性名詞faveurファヴール(特別の計らい、優遇、人気、寵愛)の複数形。
que(ク)・・「~するところの」。関係代名詞。
 ・les(レ)・・名詞の複数形につく定冠詞。
 ・hommes(オム)・・「人々」。男性名詞hommeオム(人間、人類、男)の複数形。
les hommes(レゾム)》
lui(リュイ)・・「彼に、彼女に」。三人称単数間接目的格の人称代名詞。
donnèrent(ドネーラン)(ドネール)・・「(それらは)与えた」。自他動詞donnerドネ(~を与える、~を支払う、~をもたらす、収穫をもたらす)の三人称複数単純過去形。

『女神は 人々が彼女に示した行き過ぎた愛を引き締めた』

et(エ)・・「そして」。接続詞。
puis(ピュイ)・・「次に、それから」。副詞。
le(ル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
monde(モーンド)・・「世界」。男性名詞単数形。
qui(キ)・・「~するところの」。関係代名詞。
fut(フュー)・・英語のbe動詞に当たる助動詞êtreエートルの三人称単数単純過去形。ここでは過去分詞と共に受動態を作っている。
privé(プリヴェ)・・他動詞priverプリヴェ(~を奪う)の過去分詞。男性単数形。
de(ドゥ)・・前置詞。
faveurs(ファヴール)・・「寵愛」。女性名詞faveurファヴール(特別の計らい、優遇、人気、寵愛)の複数形。"fut privé de faveurs"で「(彼は)寵愛を奪われた」。
fut(フュー)・・英語のbe動詞に当たる助動詞êtreエートルの三人称単数単純過去形。ここでは過去分詞と共に受動態を作っている。
dévasté(デヴァステ)・・他動詞dévasterデヴァステ(~を荒廃させる、~に大損害を与える)の過去分詞。男性単数形。"fut dévasté"で「(彼は)大損害を受けた」。
et(エ)・・「そして」。接続詞。

・peu(プー)・・「少し、ちょっと、やや」。副詞。
・de(ドゥ)・・前置詞。
・vies(ヴィ)・・「命(複)」。女性名詞vieヴィ(生命、命)の複数形。

※枠内、歌詞カードにあるけど歌ってない箇所。

seules(スル)・・「~だけ」。形容詞seulスル(ただ一つの、単独の、~だけ)の女性複数形。
demeurèrent(ドゥムレーラン)(ドゥムレール)・・「(それらは)残った」。自動詞demeurerドゥムレ(居住する、滞在する、留まる、残る)の三人称複数単純過去形。

『そうして 寵愛を奪われた世界は荒廃し 僅かな命ばかりが残った』

 ・dans(ダン)・・「~の中で」。"in, into"。前置詞。
 ・un(アン)・・男性名詞単数形につく不定冠詞。
dans un(ダンザン)》
monde(モーンド)・・「世界」。男性名詞単数形。
à(ア)・・「~のある、~を持った」。前置詞。
la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
bénédiction(ベネディクスィヨン)・・「祝福、天恵」。女性名詞単数形。
perdue(ペルデュ)・・「失われた、道に迷った、堕落した」。他動詞perdreペルドル(~を失う、失くす)の過去分詞。女性単数形。

demeura(ドゥムラ)・・「(それは)残った」。自動詞demeurerドゥムレ(居住する、滞在する、留まる、残る)の三人称単数単純過去形。
seule(スル)・・「~だけ」。形容詞seulスル(ただ一つの、単独の、~だけ)の女性単数形。
la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
vie(ヴィ)・・「生命、命」。女性名詞単数形。

『祝福を失った世界に 命だけが残った』

(ウー)・・「どこに、どこへ」。疑問副詞。
le(ル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
monde(モーンド)・・「世界」。男性名詞単数形。
bleu(ブルー)・・「青い」。形容詞男性単数形。
se dirige-t-il(ス ディリジティル)・・「彼は向かうのか?」。他動詞dirigerディリジェ(~を指導する、~を導く、~を向ける)の代名動詞形se dirigerス ディリジェ(向かう、進む、進路を見つける)の倒置疑問文。三人称の再帰代名詞se(それ自身を)+三人称単数現在形dirigeディリジ+三人称単数男性主格の人称代名詞ilイル(彼は)。tは発音し易いように挟まる子音。

『“青の世界”はどこに向かうのか?』

personne(ペルソンヌ)・・不定代名詞。neとセットで「誰も~ない」。
ne(ヌ)・・否定の副詞。
peut(プー)・・他動詞pouvoirプヴォワール(~することができる、~しても良い、~かもしれない)の三人称単数現在形。
le(ル)・・「そのことを」。中性代名詞。
savoir(サヴォワール)・・「~を知っている」。他動詞の不定詞。"peut le savoir"で「(それは)そのことを知ることができる」。

『誰も知ることはない』

à(ア)・・前置詞。
quoi(コワ)・・「何」。疑問代名詞queの強勢形。前置詞や動詞の後につくことが多い。
le(ル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
monde(モーンド)・・「世界」。男性名詞単数形。
bleu(ブルー)・・「青い」。形容詞男性単数形。
pense-t-il(パンスティル)・・「彼は考えるのか?」。自他動詞penserパンセ(考える、~だと思う)の倒置疑問文。三人称単数現在形panseパンス+三人称単数男性主格の人称代名詞ilイル(彼は)。tは発音し易いように挟まる子音。

『“青の世界”は何を思うのか?』

personne(ペルソンヌ)・・不定代名詞。neとセットで「誰も~ない」。
ne(ヌ)・・否定の副詞。
peut(プー)・・他動詞pouvoirプヴォワール(~することができる、~しても良い、~かもしれない)の三人称単数現在形。
le(ル)・・「そのことを」。中性代名詞。
savoir(サヴォワール)・・「~を知っている」。他動詞の不定詞。"peut le savoir"で「(それは)そのことを知ることができる」。

『誰も知ることはない』

 え~、一部の歌詞を捏造しております。ごめんなさい。フランス語はイタリア語に輪をかけて分からん。
 単純過去が頻発している。イタリア語の遠過去と同様、歴史の本や物語によく出て来る文語的時制。現在とは切り離された昔の物語に没頭した後で、最後に"Où le monde bleu se dirige-t-il?"(青の世界ってどうなるんだろうね?)と読み手が本の世界から帰って来た感じ。

参考文献
 ・『ロワイヤル仏和中辞典 第2版』(旺文社 2005)



素材を一部加工の上お借りしています↑

この文章書いてる人はフランス語に関してド素人です。
ゲーム『レンドフルール』に関しては公式サイトしか見ておりません。
このページはあくまで『Sanctus』とかCD等買った人向け、
参考にならない辞書もどきであって、
著作権侵害の意図はありません。が、もし怒られたら消えます。