Emeth Azur イタリア語メモ
love solfege 『lucis ortus』より

Imperial Arcと同じく物語仕立て。
しっかり長めで聴き応えのある一曲。
歌のない部分でも時の流れが想像できる。

歌手は綾野えいりさん。
ご本家様特設ページ

※動詞の法(ムード)は、特に接続法とか条件法とか書いていない限り直説法です。

emeth(エス)・・「真、真実、真理」。ヘブライ語の女性名詞אמתに由来。母音記号つけたらאֱמֶת(emét)。ゴーレムに命を吹き込む呪文として有名。
 thは[t]じゃなくて[s]っぽい。
azur(アール)・・「青色、紺碧」。フランス語の男性名詞。
 フランス語だと、このuは円唇前舌母音[y](カナにすると「アズュール」って感じ)。ここではイタリア語風に円唇後舌母音[u]かな。

『エメス・アズール(青の真理)』

c'eraチェラ)・・「そこに~があったものだ」。副詞ci(ここに、そこに、あそこで)+era(英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの三人称単数半過去形)。
una(ウナ)・・「一つの」。女性名詞(単数形)につく不定冠詞。または数形容詞の女性単数形。
voltaヴォルタ)・・「~の時」。女性名詞単数形。"C'era una volta"で「むかしむかし」。おとぎ話の定型。
un(ウン)・・男性名詞(単数形)につく不定冠詞。
magoーゴ)・・「魔法使い、魔術師」。男性名詞単数形。
che(ケ)・・「~であるところの」。関係代名詞。

『昔々 とある魔術師がおりまして』

si(スィ)・・「それ(ら)自身を」。三人称の再帰代名詞。
sentiva(センティーヴァ)・・「(それは)~の気分であった」。自動詞sentireセンティーレ(感じる、聞く)の再帰動詞形sentirsiセンティルスィ(~の気分である、~する気がある)の三人称単数半過去形。
soloーロ)・・「ひとりでいる、ひとりぼっちの」。形容詞男性単数形。
e(エ)・・「~と、そして」。接続詞。
triste(トステ)・・「悲しい、憂鬱な、陰気な」。形容詞単数形。

『ひとりぼっちで寂しい思いをしておりました』

ma)・・「しかし、だが」。接続詞。
si(スィ)・・「それ(ら)自身を」。三人称の再帰代名詞。
ricordò(リコルー)・・「(それは)思い出した」。他動詞ricordareリコルーレ(覚えている、思い出させる、言及する)の再帰動詞形ricordarsiリコルルスィ(覚えている、覚えておく、思い出す)の三人称単数遠過去形。
di(ディ)・・「~を」。前置詞。
avere(アヴェーレ)・・「持っていること、所有していること」。他動詞の不定詞。
un(ウン)・・男性名詞(単数形)につく不定冠詞。
sacroクロ)・・「神聖な」。形容詞。男性単数形。
libroブロ)・・「本、書物」。男性名詞単数形。

『けれど 彼は とある聖典を持っていることを思い出しました』

dei(デイ)・・「~の」。縮約冠詞。前置詞diディと男性名詞複数形につく定冠詞iの縮約。
tempiンピ)・・「時代、時期」。男性名詞tempoンポ(時)の複数形。
in(イン)・・前置詞。
cuiーイ)・・関係代名詞。前置詞+cuiの形で使われる。"in cui~"で「~であるところの」。
studiava(ストゥディーヴァ)・・「(それは)学んでいた」。自・他動詞studiareストゥディーレ(勉強する、学ぶ、研究する、努める)の三人称単数半過去形。

che(ケ)・・「~であることを」。接続詞。
poteva(ポーヴァ)・・「(それは)~できた、~するかもしれなかった」。自動詞potereーレ(~できる)の三人称単数半過去形。
farファール)・・「~すること」。英語のdoっぽい他動詞fareファーレの不定詞。トロンカメント(語尾脱落)。
al(アル)・・「~のために」。縮約冠詞。前置詞a+男性名詞単数形につく定冠詞ilイルの縮約。
casoーゾ)・・「偶然、場合、事件、ケース」。男性名詞単数形。"fare al caso"で「適切である」。
suoーオ)・・「それ(彼、彼女)の」。三人称単数の所有形容詞、男性単数形。
proprio(プープリオ)・・「まさに」。副詞。所有形容詞suoを強調する形容詞「~自身の」ではないだろう。たぶん。
adesso(アッソ)・・「今、目下」。副詞。

『ちょうどこんな時にどうにかできるやり方を学んだ頃の』

se(セ)・・「もし~なら」。接続詞。
funzionerà(フンツィオネー)・・「(それは)きちんと動くだろう」。自動詞funzionareフンツィオーレ(きちんと動く、正常に動作する、きちんと機能する)の三人称単数未来形。
nonン)・・否定の副詞。
piùウ)・・「もっと」。"non più"で「もう~でない、これ以上~しない」。
soloーロ)・・「ひとりでいる、ひとりぼっちの」。形容詞男性単数形。
sarà(サー)・・「(それは)~であるだろう」。英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの三人称単数未来形。条件節、帰結節共に直接法なんで、実現の可能性の高い仮定。

『もしもこれが上手くいけば 彼はもうひとりぼっちではありません』

versiヴェルスィ)・・「詩、詠唱」。男性名詞versoヴェルソ(詩句、声、音)の複数形。
sacriクリ)・・「神聖な」。形容詞sacroクロ(神聖な)の男性複数形。
reciterà(レチテー)・・「(それは)朗唱するだろう」。他動詞recitareレチーレ(演じる、朗唱する、ふりをする、規定する)の三人称単数未来形。

mentreントレ)・・「~する間」。接続詞。
l'argilla(ラルッラ)・・「粘土」。頭が母音の単数名詞につく定冠詞l'+女性名詞argillaアルッラ(粘土)の単数形。
modellerà(モデッレー)・・「(それは)造形するだろう」。他動詞modellareモデッーレ(~の模型を作る、造形する、従わせる)の三人称単数未来形。

per(ペル)・・「~の間」。前置詞。
moltiルティ)・・「多くの」。形容詞moltoルト(多くの、たくさんの)の男性複数形。
giorniジョルニ)・・「日々」。男性名詞giornoジョルノ(日、一日)の複数形。
continuerà(コンティヌエー)・・「(それは)続くだろう、続けるだろう」。自・他動詞continuareコンティヌーレ(続ける、引き継ぐ、続く)の三人称単数未来形。

『粘土を成形しながら 聖句を唱えるのです 何日も続けて』

c'eraチェラ)・・「そこに~があったものだ」。副詞ci(ここに、そこに、あそこで)+era(英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの三人称単数半過去形)。
una(ウナ)・・「一つの」。女性名詞(単数形)につく不定冠詞。または数形容詞の女性単数形。
voltaヴォルタ)・・「~の時」。女性名詞単数形。"C'era una volta"で「むかしむかし」。おとぎ話の定型。
un(ウン)・・男性名詞(単数形)につく不定冠詞。
magoーゴ)・・「魔法使い、魔術師」。男性名詞単数形。
che(ケ)・・「~であるところの」。関係代名詞。

『昔々 とある魔術師がおりまして』

si(スィ)・・「それ(ら)自身を」。三人称の再帰代名詞。
sentiva(センティーヴァ)・・「(それは)~の気分であった」。自動詞sentireセンティーレ(感じる、聞く)の再帰動詞形sentirsiセンティルスィ(~の気分である、~する気がある)の三人称単数半過去形。
soloーロ)・・「ひとりでいる、ひとりぼっちの」。形容詞男性単数形。
e(エ)・・「~と、そして」。接続詞。
triste(トステ)・・「悲しい、憂鬱な、陰気な」。形容詞単数形。

『ひとりぼっちで寂しい思いをしておりました』

e(エ)・・「そして」。接続詞。
dopoーポ)・・「~の後で」。前置詞。
tantiンティ)・・「多くの」。形容詞tantoント(多くの、たくさんの)の男性複数形。
tentativi(テンタティーヴィ)・・「試み(複)」。男性名詞tentativoテンタティーヴォ(試み、企て)の複数形。
finalmente(フィナルンテ)・・「やっと、ついに、とうとう」。副詞。
il(イル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
successo(スッチェッソ)・・「成果、成功」。男性名詞単数形。

『そうして 多くの試行錯誤を経て 遂に成功』

il(イル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
suo(スオ)・・「それ(彼、彼女)の」。三人称単数の所有形容詞、男性単数形。
nuovo(ヌーヴォ)・・「新しい」。形容詞男性単数形。
amico(アーコ)・・「(男性の)友人」。男性名詞単数形。
è)・・英語のbe動詞に当たる助動詞essereッセレの三人称単数現在形。ここでは自動詞の過去分詞と一緒に近過去時制を作っている。
natoート)・・自動詞nascereッシェレ(生まれる)の過去分詞。男性単数形。"è nato"で「(彼は)生まれた」。

『彼の新しい友達が生まれたのです』

l'haー)・・三人称単数男性直接目的格(弱形)の人称代名詞lo(彼を)+英語のhave動詞に当たる助動詞avereヴェーレの三人称単数現在形ha。ここでは他動詞の過去分詞と一緒に近過去時制を作っている。
creato(クレート)・・他動詞creareクレーレ(創り出す、引き起こす)の過去分詞。"l'ha creato"で「(それが)それを創り出した」。
con(コン)・・「~を使って」。前置詞。
l'acquaックワ)・・「水」。頭語が母音の単数名詞につく定冠詞l'+女性名詞acquaックワ(水)の単数形。
più(ピ)・・「もっと」。副詞。ここでは定冠詞とセットで最上級。"l'acqua più pura"で「最も純粋な水」。
puraーラ)・・「純粋な」。形容詞puroーロ(純粋な、汚れのない)の女性単数形。
e(エ)・・「~と」。接続詞。
l'argilla(ラルッラ)・・「粘土」。頭が母音の単数名詞につく定冠詞l'+女性名詞argillaアルッラ(粘土)の単数形。
più(ピ)・・「もっと」。副詞。ここでも定冠詞とセットで最上級。"l'argilla più azzurra"で「最も青い粘土」。
azzurra(アッッラ)・・「青い」。形容詞azzurroアッッロ(青い、青の)の女性単数形。bluよりは明るい「青」。

『魔術師は 一番きれいな水と 一番青い粘土で それを創りました』

il(イル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
golemーレム)・・「ゴーレム」。無変化の男性名詞。ユダヤの伝承に登場する、カバリストによって魔法で作られた自動人形。
più(ピ)・・「もっと」。副詞。ここでも定冠詞とセットで最上級。"il golem più buono"で「最も良いゴーレム」。
buono(ブーノ)・・「良い、立派な、善良な」。形容詞男性単数形。ここでの意味は「できがいい」のか「善良な」のか。後者かなあ。
che(ケ)・・「~よりも」。接続詞。ここではpiùとセットで比較の対象を示す。
c'èチェー)・・「そこにいる」。副詞ci(ここに、そこに、あそこで)+è(英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの三人称単数現在形)。

『何よりも良きそのゴーレム』

un(ウン)・・男性名詞(単数形)につく不定冠詞。
gigante(ジンテ)・・「巨人、巨漢、巨匠」。男性名詞単数形。
dolceルチェ)・・「愛しい、甘い、穏やかな、優しい」。形容詞単数形。
e(エ)・・「そして」。接続詞。
gentil(ジェンティール)・・「優しい」。形容詞gentileジェンティーレ(親切な、思いやりのある、優しい)がトロンカメント(語尾脱落)。

che(ケ)・・「~であるところの」。関係代名詞。
protegge(プロッジェ)・・「(それが)守る」。他動詞proteggereプロッジェレ(守る、保護する)の三人称単数現在形。
tuttaトゥッタ)・・「すべての」。形容詞tuttoトゥット(全ての、全部の)の女性単数形。
la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
città(チッー)・・「(大きな)町、街、都市」。無変化の女性名詞。

『街を全部守ってくれる 穏やかで優しい巨人』

il(イル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
suo(スオ)・・「それ(彼、彼女)の」。三人称単数の所有形容詞、男性単数形。
nomeーメ)・・「名前」。男性名詞単数形。
è)・・「(それは)~である」。英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの三人称単数現在形。
emeth(エス)・・「真、真実、真理」。ヘブライ語の女性名詞אמתに由来。
azur(アール)・・「青色、紺碧」。フランス語の男性名詞。

『彼の名前はエメス・アズールです』

lassù(ラッー)・・「あの上の方に、天国で」。副詞。
tra(トラ)・・「~と~の間に」。前置詞。
le(レ)・・女性名詞複数形につく定冠詞。
colline(コッーネ)・・「丘(複)」。女性名詞collinaコッーナ{(高さ600m以下の)小山、丘、丘陵地、高台}の複数形。
in(イン)・・前置詞。
fior(フィール)・・「花」。男性名詞fioreフィーレ(花)がトロンカメント(語尾脱落)。"essere in fiore"だと「満開だ」って意味だけど、これでいいのかな?

『花咲き誇る丘陵の上』

accompagna(アッコンンニャ)・・「(それが)後を追う」。他動詞accompagnareアッコンパンニャーレ(同行する、連れて行く、後を追う)の三人称単数現在形。
il(イル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
magoーゴ)・・「魔法使い、魔術師」。男性名詞単数形。
ovunque(オンクエ)・・「どこでも、どこへでも」。副詞。文語的。
vaヴァー)・・「(それは)行く」。自動詞andareアンーレ(行く)の三人称単数現在形。

『彼は 魔術師の行くところ どこへでもついて行きます』

la(ラ)・・女性名詞単数形につく定冠詞。
sua(スア)・・「それ(彼、彼女)の」。三人称単数の所有形容詞、女性単数形。
fedeltà(フェデルー)・・「忠実さ、固執」。女性名詞単数形。
serveルヴェ)・・「(それは)役に立つ」。自・他動詞servireセルヴィーレ(~の役に立つ、~に使う、~の仕事をする、~にサービスを提供する)の三人称単数現在形。
a(ア)・・「~の」。前置詞。
proteggere(プロッジェレ)・・「守ること」。他動詞の不定詞。
l'intera(リンーラ)・・「全体」。頭が母音の単数名詞につく定冠詞l'+形容詞interoインーロ(全部の、全体の)の女性単数形interaインーラ
città(チッー)・・「(大きな)町、街、都市」。無変化の女性名詞。

『彼の忠誠は 街全体を守る助けになっています』

nonン)・・否定の副詞。
chiede・・(キーデ)・・「(それは)求める」。他動詞chiedereーデレ(請う、求める)の三人称単数現在形。
maiイ)・・否定の副詞。"non... mai"で「決して~ない、これまで一度も~ない」。
nullaッラ)・・「何も(ない)」。不定代名詞。
in(イン)・・「~を」。前置詞。
cambioンビオ)・・「交換、両替、小銭」。男性名詞単数形。
ma)・・「しかし、だが」。接続詞。
sempreンプレ)・・「いつも、ずっと」。
ー)・・「(それは)与える」。他動詞dareーレ(与える、あげる)の三人称単数現在形。

『彼は何ひとつ見返りを求めず けれど常に与えてくれるのです』

un(ウン)・・男性名詞(単数形)につく不定冠詞。
giornoジョルノ)・・「日」。男性名詞単数形。
il(イル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
magoーゴ)・・「魔法使い、魔術師」。男性名詞単数形。
disseディッセ)・・「(それは)言った」。他動詞direディーレ(言う、唱える、表す)の三人称単数遠過去形。
al(アル)・・「~に」。縮約冠詞。前置詞a+男性名詞単数形につく定冠詞ilイルの縮約。
golemーレム)・・「ゴーレム」。無変化の男性名詞。

『ある日 魔術師はゴーレムに言いました』

quando(クンド)・・「~の時に」。接続詞。
morirò(モリー)・・「(私は)死ぬだろう」。自動詞morireーレ(死ぬ、枯れる)の一人称単数未来形。
tu(トゥ)・・「君は」。二人称単数主格の人称代名詞。
dovrai(ドヴイ)・・他動詞dovereヴェーレ("must"、"should")の二人称単数未来形。不定詞を伴って「(君は)~しなければならないだろう」。
continuare(コンティヌーレ)・・「続ける(こと)、続く(こと)」。自・他動詞の不定詞。「存続せねば」なのか、「町を守り続けねば」なのか。

『「私が死んでも 君は続けていかないとな」』

ancora(アンーラ)・・「まだ」。副詞。
oggiッジ)・・「今日、こんにち、現在」。副詞。
ー)・・「そこで」。副詞。
tu(トゥ)・・「君は」。二人称単数主格の人称代名詞。
lo)・・「彼を」。三人称単数男性直接目的格(弱形)の人称代名詞。
puoi(プイ)・・自動詞potereーレ(~できる)の二人称単数現在形。後ろに不定詞を伴って、「(君は)~することができる」。
trovare(トロヴァーレ)・・「見つけること、遭遇すること」。他動詞の不定詞。

『今でもまだそこで あなたは彼に出会えるでしょう』

emeth(エス)・・「真、真実、真理」。ヘブライ語の女性名詞אמתに由来。
azur(アール)・・「青色、紺碧」。フランス語の男性名詞。
golemーレム)・・「ゴーレム」。無変化の男性名詞。
azzurro(アッッロ)・・「青い、青の」。形容詞。男性単数形。

『エメス・アズール 青いゴーレムと』

è)・・「(それは)いる」。英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの三人称単数現在形。
ancora(アンーラ)・・「まだ」。副詞。
ー)・・「そこで」。副詞。
il(イル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
golemーレム)・・「ゴーレム」。無変化の男性名詞。
che(ケ)・・「~であるところの」。関係代名詞。

esaudisce(エザウディーシェ)・・「(それは)かなえる」。他動詞esaudireエザウディーレ{(人の祈りや願いを)かなえる、聞き入れる}の三人称単数現在形。
i(イ)・・男性名詞複数形につく定冠詞。
desideri(デズィーリ)・・「願い(複)」。男性名詞desiderioデズィーリオ(願い、欲求、欲望)の複数形。

『まだそこにいるのです 願いを叶えてくれるゴーレムは』

 ちょこちょこ訳が悩ましいところあり。

 Imperial Arcと同じく、「むかしむかし~ということがありまして、今もほらそこに」の形式だけど、聞き手が既にアーチを前にしているImperial Arcと違って、この物語の聞き手はEmeth Azurさんとは遠い地にいて、会ったことがない感じ。あるいは伝説のゴーレムが守る街がどこにあるのか、もはや誰にも分からないかもしれない。
 異世界の子供になっておとぎ話を聞いてる気分になってくる。
 ところで、半端なエジプトクラスタのマイ脳内で、エメス・アズールさんの外見がウシャブティ像になって大変だった。ちゃう。これ絶対この歌のイメージとちゃう。大体ファイアンス作るのに粘土ねりねりしないだろ!いい加減にしろ!



素材をお借りしています↑

この文章書いてる人はイタリア語に関してド素人です。
このページはあくまで『lucis ortus』CD買った人向け、
参考にならない辞書もどきであって、
著作権侵害の意図はありません。が、もし怒られたら消えます。


参考文献