Ricordi イタリア語メモ
love solfege 『Luxury Classical Best』より

深海を舞台にした物語を織り成すコンセプトアルバム、
『9つの緋色』の中の一曲。
このアルバムでのタイトルは『Ricordi~9つめのベアトリーチェ』。
亡きベアトリーチェへの、恋人からの追悼曲とのこと。

歌手は観月あんみさん。
メモはイタリア語部分のみ。

歌詞カードを参考に、「たぶんこれだべ!」って単語を拾っているところがあります。

何とbandcampで無料で聴けるようになりました。
勿論惚れたらお金も払えます。

※動詞の法(ムード)は、特に接続法とか条件法とか書いていない限り直説法です。

ricordi(リルディ)・・「思い出(複)」。男性名詞ricordoルド(記憶、思い出、記録)の複数形。

 『追憶』

mareーレ)・・「海」。男性名詞単数形。

 『海』

soloーロ)・・「~だけ、ただ」。副詞。
il(イル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
mareーレ)・・「海」。男性名詞単数形。
sa)・・「(それは)知っている」。他動詞sapereーレ(知っている、~できる)の三人称単数現在形。

 『海だけが知っている』

custodisce(クストディーシェ)・・「(それが)保管する」。他動詞custodireクストディーレ(守る、保管する、管理する、監視する)の三人称単数現在形。
tantiンティ)・・「多くの」。形容詞tantoント(多くの、たくさんの)の男性複数形。
tesori(テーリ)・・「宝(複)」。男性名詞tesoroーロ(宝物、大切な物、大切な人)の複数形。
persiルスィ)・・「失われた」。形容詞persoルソ(失われた、浪費された、だめになった)の男性複数形。他動詞perdereルデレ(なくす、失う)の過去分詞。

 『海は 失われたたくさんの宝をしまっている』

nonン)・・否定の副詞。
ho)・・「(私は)持っている」。英語のhave動詞に当たる他動詞avereヴェーレの一人称単数現在形。
parole(パーレ)・・「言葉(複)」。女性名詞parolaーラの複数形。
nonン)・・否定の副詞。
più(ピ)・・「もっと、更に」。副詞。"non ~ più"で「もはや~でない、これ以上~しない」。

 『もう言葉もない』

chissà(キッ)・・「わかるものか、はたして~だろうか、さあ」。副詞。
se)・・「~かどうか」。接続詞。
eriリ)・・英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの二人称単数半過去形。
pronta(プンタ)・・形容詞prontoント(準備のできた、すばやい)の女性単数形。"eri pronta."で「(彼女は)準備ができていた」。

 『果たして彼女は覚悟が出来ていただろうか』

ma(マ)・・「しかし、でも」。接続詞。
ioオ)・・「私が」。一人称単数形主格の人称代名詞。
così(コズィー)・・「こんなに、そのように、とても、非常に」。副詞。
inutile(イーティレ)・・「役に立たない、無用な」。形容詞単数形。
ahー)・・「ああ」。間投詞。

 『けれど 僕はこんなに役立たず ああ』

così(コズィー)・・「こんなに、そのように、とても、非常に」。副詞。
piccoloッコロ)・・「小さい」。形容詞男性単数形。
di(ディ)・・前置詞。
fronte(フンテ)・・「額、顔、頭、正面」。女性名詞単数形。"di fronte a~"で「~の正面に、向かいに」。
alla(アッラ)・・縮約冠詞。前置詞aと女性名詞単数形につく定冠詞laの縮約。
vitaヴィータ)・・「生命、活力」。女性名詞単数形。

e(エ)・・「~と」。接続詞。
parteルテ)・・「部分、一部」。女性名詞単数形。
di(ディ)・・「~の」。前置詞。
unン)・・男性名詞(単数形)につく不定冠詞。
destino(デスティーノ)・・「運命、定め、未来」。男性名詞単数形。
importante(インポルンテ)・・「重要な、大切な、大事な」。形容詞単数形。
スィー)・・英語のyesに当たる肯定の副詞。

 『人生と 大事な運命の一部を前にして こんなにも矮小 そう』

inevitabile(イネヴィービレ)・・「避けられない、必然的な」。形容詞単数形。または「不可避なもの」。男性名詞単数形。
per(ペル)・・「~にとって」。前置詞。
meー)・・「私(を)」。一人称単数目的格(強形)の人称代名詞。前置詞がついて間接目的格。
di(ディ)・・「~の」。前置詞。
solitudine(ソリトゥーディネ)・・「孤独」。女性名詞単数形。

 『孤独な僕にとって避けられない定め』

amour(アール)・・「愛、愛する人」。フランス語の男性名詞。男性名詞だけど、特に男女を問わず使われる。仏語的にはouが後舌母音[u:]で(アムール)って感じの発音だけど、ここではイタリアっぽく発音。
または、
 ・amor(アール)・・「愛する人」。男性名詞amoreーレ(愛、愛する人)がトロンカメント(語尾脱落)。上に同じく、特に男女を問わない。
amour(アール)

 『愛しい人 愛しい人よ』

amour(アール)
amour(アール)

 『愛しい人 愛しい人よ』

mi(ミ)・・「私に」。一人称単数目的格の人称代名詞。
manchiンキ)・・「(君が)足りない」。自他動詞mancareマンーレ(不足する、衰える、不在である、~がいなくて寂しい、失う、失敗する)の二人称単数現在形。"mi manchi"で「君がいなくて私は寂しい」。

 『君がいなくて寂しい』

tiティ)・・「君を」。二人称単数目的格の人称代名詞。
vedoヴェード)・・「(私は)見る」。他動詞vedereヴェーレ(見る、~が見える)の一人称単数現在形。
lontana(ロンーナ)・・「遠い昔の、遥か彼方の」。形容詞lontanoロンーノ(遠い昔の、遥か彼方の)の女性単数形。
oramai(オラーイ)・・「今ではもう、今となっては、もはや、やっと」。副詞。ormaiに同じ。

 『今はもう 君が彼方に見える』

nonン)・・否定の副詞。
ci (チ)・・「ここに、そこに」。副詞。
seiイ)・・「(君は)いる」。英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの二人称単数現在形。
qui(ク)・・「ここに、ここで」。副詞。
con(コン)・・「~と一緒に」。前置詞。
meー)・・「私(を)」。一人称単数目的格(強形)の人称代名詞。前置詞がついて間接目的格。
e(エ)・・「そして」。接続詞。
i(イ)・・男性名詞複数形につく定冠詞。
pensieri(ペンスィーリ)・・「考え(複)」。男性名詞pensieroペンスィーロ(考え、意見、心配)の複数形。
volanoヴォーラノ)・・「(それらは)飛ぶ」。自他動詞volareヴォーレ(飛ぶ、投げる)の三人称複数現在形。

 『君はここにいない 僕と一緒には そうして 思いは宙に舞う』

eriリ)・・「(君は)~であったものだ」。英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの二人称単数半過去形。
tuttoトゥット)・・「全部、すべて」。代名詞。単数形。
per(ペル)・・「~にとって」。前置詞。
meー)・・「私(を)」。一人称単数目的格(強形)の人称代名詞。前置詞がついて間接目的格。

 『君は僕の全てだった』

e(エ)・・「そして」。接続詞。
te(テ)・・「君に」。二人称単数目的格(強形)の人称代名詞。ここでは後ろに直接補語代名詞が来るので強形になっている。
lo)・・「そのことを」。三人称単数男性直接目的格の人称代名詞。ここでは性とは無関係の指示代名詞。
volevo(ヴォーヴォ)・・「(私は)~したかったものだ」。補助動詞volereヴォーレ(~したい)の一人称単数半過去形。
direディーレ)・・「言うこと」。他動詞の不定詞。"volevo dire"で「(私は)言いたかったものだ」。
saiイ)・・「(君は)知っている」。自・他動詞sapereーレ(知る、知っている、~できる、~のような気がする)の二人称単数現在形。

 『それと 君に言いたかったんだ 分かるよね?』

ohー)・・「おお、ああ」。間投詞。
noー)・・否定応答の副詞。
 あまりにも意訳で失礼。

 『「行かないで」』

il(イル)・・男性名詞単数形につく定冠詞。
tempoンポ)・・「時間」。男性名詞単数形。
ti(ティ)・・「君を」。二人称単数目的格の人称代名詞。
ha)・・英語のhave動詞に当たる助動詞avereヴェーレの三人称単数現在形。ここでは過去分詞を伴って近過去時制を作っている。
portato(ポルート)・・他動詞portareポルーレ(持っていく、運ぶ、持って来る)の過去分詞。
viaヴィーア)・・「向こうへ、あちらへ」。動詞の動きを強調する副詞。"ha portato via"で「(それは)連れ去った」。
da(ダ)・・「~から」。前置詞。
meー)・・「私(を)」。一人称単数目的格(強形)の人称代名詞。前置詞がついて間接目的格。

 『時は 僕の元から君を連れ去った』

siamo(スィーモ)・・「(私たちは)~である」。英語のbe動詞に当たる自動詞essereッセレの一人称複数現在形。
comeーメ)・・「~のような」。副詞。
dueドゥーエ)・・「2、2つの」。数詞、無変化の形容詞。

mondiンディ)・・「世界(複)」。男性名詞mondoンド(世界、世間、社会)の複数形。
limitati(リミーティ)・・「限られた」。形容詞limitatoリミート(限られた、限定された)の男性複数形。

 『僕らは 隔てられた二つの世界のよう』

oraーラ)・・「今や」。
soloーロ)・・「~だけ」。副詞。
tuトゥー)・・「君が」。二人称単数主格の人称代名詞。
lontana(ロンーナ)・・「遠い昔の、遥か彼方の」。形容詞lontanoロンーノ(遠い昔の、遥か彼方の)の女性単数形。
ma)・・「しかし、だが」。接続詞。
ancora(アンーラ)・・「再び、まだ、もっと」。副詞。

 『今や君だけが彼方だけれど』

vivaヴィーヴァ)・・「(君が)生きていますように/生きてくれ」。自他動詞vivereヴィーヴェレ(生きる、暮らす、体験する、過ごす)の接続法現在(ここでは二人称)単数形。独立文の接続法なので、語り手による命令や祈願の表現。
nei(ネイ)・・「~の中に」。縮約冠詞。前置詞inインと男性名詞複数形につく定冠詞iの縮約。
ricordi(リルディ)・・「思い出(複)」。男性名詞ricordoルド(記憶、思い出、記録)の複数形。
di(ディ)・・「~の」。前置詞。
unン)・・男性名詞(単数形)につく不定冠詞。
passato(パッート)・・「過去、歴史、経歴」。男性名詞単数形。
amato(アート)・・「愛された、愛する、最愛の」。形容詞男性単数形。

 『愛おしい過去の思い出の中に 君がずっと生きていますように』

amour(アール)・・「愛、愛する人」。フランス語の男性名詞。仏語的には後舌母音[u:]で(アムール)って感じの発音だけど、ここではイタリア語風に発音。
または、
 ・amor(アール)・・「愛する人」。男性名詞amoreーレ(愛、愛する人)がトロンカメント(語尾脱落)。
amour(アール)

 『愛しい人 愛しい人よ』

amour(アール)
amour(アール)

 『愛しい人 愛しい人よ』

 毎度ながら、誤訳及び解釈違いの可能性があります。仕様です。

この文章書いてる人はイタリア語に関してド素人です。
このページはあくまで『9つの緋色』または『Luxury』CD等買った人向け、参考にならない辞書もどきであって、
著作権侵害の意図はありません。が、もし怒られたら消えます。


参考文献